Home > 名医と薬。

名医と薬。

  • Posted by: VUELO
  • 2014年10月27日 15:51
何年かに一度、必ず胃腸の調子が悪くなる。
原因は単なる暴飲暴食。間違いなく原因は把握している。
いま医療従事者や病院経営のプランニングをしているくせに
病院のお世話になっている。
頭の悪い人間の行いやな~っと思う。

先日、ある方の紹介で大きな総合病院で咽頭から十二指腸までの
内視鏡検査を受けた。それも超VIP待遇で。
今まで内視鏡は、口から2回、鼻から1回受けたことがあり今回4回目。
初めて鎮静剤を使用して検査を受けたけど、
ホンマに検査したんかな?っと思うくらい今までの3回とは
比べ物にならないくらい楽だった。と言うか記憶にない。
逆流性食道炎の疑い有りで薬を処方され、今では完治。

仕事柄、病院関係者の方と話する機会が多くなっているが
この間おもしろい話を聞いた。
「すごい医者ってどんな医者か分かる?」っと。
簡単や、「凄い腕を持ってオペをする医者」
「じゃあ内科の診察は?」っと間髪いれずに質問された。
「内科診察??」手術は無いわなぁ。
「患者の症状を今までの症例と照らし合わし判断する医者」
と答えた。
すごく正解に近いらしいけど、最も重要な要素は、
「薬の知識がありそれを的確に選択できる医者」らしい。
確かに、内科に行けば必ず薬が処方される。
その患者に合わせた薬を選べる事が出来る医者は優秀な名医なんだって。

数年前まで日本では世界で使用されている「凄く良い薬」の
上位に位置する薬のほとんどが使用されていなかった。
世界ではメジャー級の薬が、日本では承認されず処方される事がなかった。
5年ほど前から厚労省も問題意識を持ち、早く承認し国内で処方されるようにと
体質が変わってきているようだけど、患者側にたって早く問題を解決して欲しい。
そんな体質を変えないと、いくら良い医者がいても治療の選択の幅を増やせないし、
名医が育つ環境も生まれないのかなっと、、、。

すぎやまきみあき

Comments:0

Comment Form

Home > 名医と薬。

Search
Feeds

Return to page top